カテゴリー:越後奥寂庵

  • 美味しい沢庵

    昨年12月上旬に漬けた沢庵、とても美味しくできあがりました。家庭で漬ける場合、腐らせないために塩を多めに入れますが、今回の塩分は丁度いい塩梅で、しょっぱくなく風味が素晴らしいのです。栽培から漬け込みまで自然のものしか使っ…
  • 除雪機の有り難さ

    今日、除雪機で奥寂庵の周囲を除雪しました。昨年の2月までは地元の業者にお願いし、ユンボで雪掘りをして貰っていましたが、この冬からはマメに除雪をする必要が出てきたので、集落の除雪機を借りることにしたのです。 豪雪地…
  • 灯火の回廊 スペシャルライブ

    2月25日に上越市で行われるイベント「灯火の回廊2017」で、大島区の創作芸能「ほたるのこおどり」がほくほく大島駅特設ステージで披露されます。「灯火の回廊」は、地元の方々が雪に穴を空けてロウソクを灯すもので、ロウソクの…
  • 雪国生活の始まり

    先週木曜日、大倉山記念館でコンサートを行った後、楽器を倉庫に届けてから、その足で越後奥寂庵に向かいました。途中、サービスエリアで2時間弱、仮眠を取っただけでしたが、翌朝、いつも農作業を手伝ってくれている友人が到着すること…
  • 元気な野菜たち

    先週末、大根、かぶ、さつまいもを収穫しました。毎日手間暇掛けられない今の状況にしては、満足のいく収穫ができました。順調に収穫できて嬉しい反面、収穫した作物を目の前に、手伝いに来てくれた友人とこれらの野菜をどうするか、考え…
  • 朝靄のなかの夜明け

    今から20年ほど前、安曇野にある美術館によく通いました。アルメリア生まれのフランス人画家、ジャン・ジャンセンの美術館です。私がジャン・ジャ ンセンの描く絵に惹かれたのは、光だけではなく影をも描いているところです。別の言い…
  • 秋の風景

    11月10日頃に撮影した鼻毛の池です。今年中にもう一度、訪れることができなければ、来年6月上旬までは林道が雪で閉ざされるため、訪れることができません。訪れることができないのは残念ですが、半年以上、人が立ち入ることができ…
  • 公開ワークショップ初日に感じたこと

    BIPS 公開ワークショップが始まった時に、不思議な感覚に襲われました。私はスタッフとしてグループの外側に居ることが多いのですが、外側からグループを観ていて、その感覚に陥ったのです。 それは、グループを観ている自分の在…
  • 自然のリズム

    今朝、4時に起きて外に出ると満天の星空で、オリオン座が瞬いていました。5時過ぎに徐々に外が明るくなったので、日の出前に好きな撮影ポイントに行くことにしました。クルマに乗り、前方が見づらいのでワイパーを掛けると、なんとフロ…
  • 東京と越後奥寂庵との違い

    東京での仕事を終え、越後奥寂庵に戻りました。東京オフィスは渋谷、新宿、吉祥寺から20分圏内の永福町駅から徒歩4分。セッションルームは地下なので、冷暖房を入れなくても灼熱の夏でも28度までしか上がらず、寒い冬でも18度まで…

Facebook Like Box

ページ上部へ戻る