カテゴリー:越後奥寂庵

  • インナーサイレンス・リトリート 終了後

    越後の夕方の風景です。リトリートが終わって皆さんが家路につき、静まりかえった越後奥寂庵で片付けを済ませ、温泉に向かいました。その途中で余韻を味わいつつ峠に立ちました。残雪に新緑、所々に山桜が咲く、という典型的な越…
  • インナーサイレンス・リトリート 3日目

    リトリート3日目の朝、庄屋の家の体験施設前で撮影した記念写真です。皆さん、すがすがしい顔です。というのも、朝に1時間自由にダンスをしたからです。参加してくださったおひとりおひとりに感謝です。 リトリ…
  • インナーサイレンス・リトリート 2日目

    リトリート2日目の朝、ブナ林へ向かう前に、大地と自然に感謝の気持ちを捧げているところです。常に自然との関わりはGive And Take。自然を搾取するだけでは、自然、神への冒涜となりますから。 前日は雨と雪崩…
  • インナーサイレンス・リトリート 1日目

    いよいよ、本日から3日間、越後奥寂庵にてリトリートを行います。昨日、東京から新潟に向かう車中でChristineとプログラムの打ち合わせをし、温泉に入ってリフレッシュし、夜はチームメンバーも合流してミーティングを行いまし…
  • 楽しみな展開

    昨日は、場の研究所で清水博先生と私たち研究員とともに、「NPO法人 越後妻有里山協働機構」の事務局長であられる関口さんをお迎えして、打ち合わせをしてきました。「NPO法人 越後妻有里山協働機構」は、越後妻有を魅力…
  • ブナとの対話

    豪雪の里に原生するブナです。空に向かって力強く伸びるブナに同調してみると、生きとし生けるものの<いのち>の活きを感じます。大地に根づき、重力に反して上昇しようとする生命力は、樹木だけではなく私たちの内側にもあることを、ブ…
  • リトリートの下見

    今日は、リトリートのプログラム会場の一つ、大島区田麦集落にあります「庄屋の家」に打ち合わせに行きました。何度観ても見事な茅葺き屋根の体験施設です。 屋内は天井が高く、柱、梁とも見事です。さて、この部屋で、どのよ…
  • 豪雪の爪痕

    越後奥寂庵は残雪に囲まれていますが、大分、豪雪の爪痕がありました。1年前に修理した蛇口の水道管が再び割れて水道水が漏れ、2階のアルミの雨戸が雪の圧力で歪み、1階の雪囲いの金具が雪の重さで取れていました。これは昨年11…
  • 遅い春の訪れ

    昨日、渋谷区でワークショップをした後、東京オフィスで個人セッションをしてから夜、山梨に戻り、そして今日の昼過ぎに越後に来ました。東京では桜が終わって新緑が出始めていましたし、山梨では桜の季節でした。そして越後では、雪…
  • Christine Stevensからのビデオレター

    4月に来日し、Music Medicineのプログラムを、東京、名古屋、大阪、札幌、横浜で行い、4月27日、28日、29日の三連休に越後奥寂庵で「インナーサイレンス・リトリート」を一緒に行うChristine Ste…

Facebook Like Box

ページ上部へ戻る