カテゴリー:越後奥寂庵

  • 観光より地域に愛されること

    奥寂庵の最寄駅は、北越急行ほくほく線の「ほくほく大島駅」です。私は車で移動していますから電車は使いませんが、奥寂庵に来る人は、車で来る人以外は例外なくほくほく線に乗ってきます。奥寂庵にとっては、無くてはならない路線なの…
  • 抜けるような青空と雪の白

    朝から良い天気でした。朝8時の時点でマイナス3度。寒いけれど澄んだ空気を吸い込むのが気持ちよく、思わず深呼吸をしてしまいます。抜けるような青空と雪の白がなんとも美しい。雪の合間から棚田の水面が見えています。 …
  • 有り難い頂き物

    先日、いつもお世話になっている高田の方からご連絡を頂きました。「知人が蔵を片付けていて出てきた本膳料理用のお膳のセットを譲り受けたが、使ってくれる人を探している。所在がはっきりしている方にお譲りしたいので、贄川…
  • 素敵なカール・ベンクス氏を訪ねて

    古民家再生に携わる人なら誰でも知っている著名な建築デザイナー、カール・ベンクスさんを彼のオフィスに訪ねました。今回でお会いするのは4回目ですが、いつも温かかく優しく迎え入れてくださいます。 カール…
  • 山水画のような冬景色

    新潟にも寒さが戻り、朝から吹雪いていました。春の訪れを待ちわびる気持ちとともに、雪解けで地面が見えてくるなかに寂しさも感じていたので、一面の銀世界が戻り、嬉しくなりました。 新緑の春、濃い緑が生い茂る夏、広葉樹…
  • 雪解け

    今冬は雪が少なかったため、雪解けも早いです。いつもはGW明けでも積雪があるのに、今年はこの調子ならGW辺りから農作業が出来そうです。 毎年思いますが、数メートルの積雪で、しかも上から除雪車に押し…
  • 奥にひっそり佇む場所

    昨夜は、上越市の中山間地域で、雪のなかに10万本以上のロウソクを灯す催し「灯の回廊」がありました。越後奥寂庵を構えてからの10年間、毎年、ロウソクが灯る非日常的な異空間に魅せられていますが、いつも心惹かれるのは…
  • 新しい動き

    今日、高田からNPO法人 緑とくらしの学校の理事長の小菅江美さんが、昨年12月に引き続き、越後奥寂庵を訪ねてくださいました。 「自然と寄り添う暮らしの中から、知恵や文化、人とのあたたかいかかわりが生まれま…
  • 思考を超えて

    先日の不思議な感覚について、自分の投稿を読み返してみて、もしかしたら誤解を生むかも知れないと思い、少し書き足します。 「今、額にある意識を得るには、全てが必要のないことだった」という感覚は本当にリ…
  • 不可思議な感覚の到来

    昨日は一日、地元の方と一緒に、裏側の2階屋根の雪下ろしと雪掘りを日が沈むまで行いました。全身汗びっしょりになるほどの重労働でしたが、屋根を傷めずに済み、ホッと安心です。ようやく2階のデッキから出入りが出来るよう…

Facebook Like Box

ページ上部へ戻る