カテゴリー:越後奥寂庵

  • 梅原猛氏の死去

    梅原猛氏が亡くなられました。越後の地で霊性を深めたいと思い、越後奥寂庵を構えたのは、鈴木大拙氏とともに、梅原猛氏の影響が大きかったのです。ご著書「日本の霊性 ー 越後・佐渡を歩く」をはじめとして、親鸞、…
  • 謹賀新年

    明けましておめでとうございます。 本年も昨年に引き続き、どうぞよろしくお願い申し上げます。 今年の干支は「亥」。私は丑年のせいか、ゆっくり歩いては停まり、またゆっくり歩き出すという牛歩のペー…
  • 静かなクリスマスイブ

    東京は快晴でしたが、赤城高原あたりから曇りになり、関越トンネルを抜けると雪国でした。運転をしながらこの気候の移り変わりを3時間のうちに体験するのは、私にとって冬の風物詩なのです。 いつもは、この流…
  • 上越タイムスに掲載されました

    コンサートの翌々日の上越タイムスの一面に記事が掲載されました。「農家民宿の開業準備連動企画」との見出しに背中を押されて、いよいよ来年から動き出します。…
  • 冬支度の忙しさ

    コンサートの日程は「雪が降り出すと出足が悪くなるから、雪が降る前で会場が空いている日にしましょう」ということで決めました。実際、奥寂庵ではコンサート前に雪が降り始めましたから、コンサートの日程はギリギリのタイミングでした…
  • 「交流の夕べ」のご報告

    丁度一週間前の日曜日、高田まちかど交流館にて「交流の夕べ 〜いのちといのちが出会うコンサート〜」を行いました。定員を大幅に上回るお客さまに恵まれ、楽しい時間を過ごすことが出来ました。 このコンサートを行うにあたり、東京…
  • 「交流の夕べ」コンサートに向けて

    今日は一日雪が降り続き、外は一面銀世界。農作業は諦め、明後日のコンサートに向けて、演奏のアレンジと楽器選び、そして練習に時間を割きました。雪の影響もあって室内はとても静か。静けさに包まれ、集中して練習することが出来ました…
  • 初雪

    昨夜、雨から雪になり、朝起きると少し積もっていました。まだまだみぞれのような雪ですが、もう冬景色です。一昨日は国立市で介護予防教室があり、くにたちではようやくイチョウが黄葉してきたところでしたから、地域差を感じます。雨や…
  • 天然のなめこと自然薯

    いつもお世話になっている地元の方に、天然のなめこと自然薯を戴きました。両方ともとても貴重で高価なものにもかかわらず、気前よく手渡してくださいました。本当に有り難いことです。特に自然薯は掘り出すのが大変ですから、手間も相当…
  • 上越タイムスの掲載記事

    昨日の上越タイムスに、11月25日行うコンサートについての記事が掲載されました。これほど大きく取り上げて頂き、有り難いことです。奥寂庵のある上越市大島区は平成3年に、市町村合併前の「東頸城郡大島村」であった頃に「音楽村宣…

Facebook Like Box

ページ上部へ戻る