カテゴリー:越後奥寂庵

  • 210日目の風祭

    今日は暦の上で210日目。富山の風の盆で有名な「風祭」の日で、牛ヶ鼻集落でも氏神さまで風祭が行われました。80代の方がおっしゃるには、ご自身の親の代までは、奥寂庵の北側にある山に、元々は風を治めるための石碑があり、そこま…
  • 秋の訪れ

    稲穂が黄金色になり、赤とんぼが飛び始め、庭にはいがぐりが落ちています。夜になるとかなり涼しく、騒がしいくらい虫の音が聞こえてきます。里山の秋です。鼻毛の池では、まだ8月中というのに、すでに紅葉が始まっていました。過ぎ去る…
  • 畑での歓談

    小雨になった時に、台風の影響があるかどうか、心配していた畑を観に行きました。苗は倒れておらず、作物が順調に育っていたこともあり、今日はオクラの葉に座っているアマガエルや、秋の訪れを感じさせてくれる秋桜の蜜を吸うミツバチな…
  • 自然の力

    昨夜、東京での仕事を終え、運転して越後奥寂庵に戻ってきました。奥寂庵に着く頃に日の出の時刻となったので、疲れがありつつも大好きな棚田に寄ってみました。関越トンネルまでは星空が見えていたのに、トンネルを抜けると雨模様で、何…
  • ヒーリングパルス・リトリートの詳細

    お待たせしました。越後奥寂庵で行うGlenとLoireによるヒーリングパルス・リトリートの詳細が決まりました。今回は、4日間のリトリートを2部に分け、2日間ずつのリトリートプログラムとなっています。前半の2日間は「水のな…
  • 現在の農園風景

    現在の越後奥寂庵の農園風景です。先日植えた大豆とサツマイモ、茄子やオクラは順調に育ち、人参は花を咲かせ、ジャガイモは収穫を待つばかりとなっています。梅雨が明け次第、ジャガイモ掘りです。今回はアズキを植えました。いつ芽を出…
  • いとなみワークスのモニタリング

    先日、神奈川から友人3名が「いとなみワークス」のモニターとして奥寂庵に来てくれて、今回もみんなで楽しい時間を過ごしました。地物の魚介類、野菜、お米などの食材で作ったお料理を食べ、農作業をし、休憩時間はカエルやヒグラシの合…
  • 和の舞ワークショップのご報告

    飯田邸公演終演後、山ゴボウを繋ぎとした地元の深山蕎麦の「天ざる定食」を戴き、和の舞ワークショップ参加者にホタル観賞をして貰っている間に、公演の後片付け、和の舞ワークショップの参加者の送迎、奥寂庵への楽器運搬、ワークショ…
  • 飯田邸公演のご報告

    7月9日に、大島区にある国登録有形文化財「飯田邸」にて公演が行われました。この公演の発起人は上越市大潟区在住の縄三四郎という若き男性です。彼は東日本大震災後、「自分に出来ることを何かしたい」という熱き想いから、2年前より…
  • 種を育む

    今日は、日曜日まで続くBIPSトレーニングを途中で退席し、後ろ髪を引かれながら新潟に向かいました。買い物をして越後奥寂庵に着いたのは18時。屋内に入る前にまず行ったことは、畑の作物の発育状況を見に行くことでした。ニンニク…

Facebook Like Box

ページ上部へ戻る