「魂と繋がる歌の唄い方 女神山スペシャルリトリート」が終わりました

女神山スペシャルリトリート

10月30日から5日間、長野県上田市にある女神山ライフセンターで「愛と野生と静けさと 魂と繋がる歌の唄い方 女神山スペシャルリトリート」を、ヒーラーでありヴォーカリストでもある本郷綜海さん、ピアニストの高橋全さんとともにリードをしました。参加された全員が深い体験をし、一人一人が自分自身と繋がって歌を唄う瞬間に立ち会えることと、彼らの歌をパーカッショニストとしてサポートできたことは、幸せなことでした。本当に充実した5日間でした。

女神山スペシャルリトリート

11月1日の昼食時に、綜海さん、全さんを含め、全員からのサプライズがありました。こんなに凝った創造的なサプライズを、リトリート中の時間がないなかで皆さんで考えてくれたこと、そして皆さん一人一人の気持ちが伝わってきたことが、とても嬉しいことでした。センターからの美味しいチーズケーキのバースデーケーキも美味しかったです。「魂に繋がる歌の唄い方」がテーマのリトリートなので、あそこまで活き活きと歌うHappy Birthday Songは初めてでした。愛とともに居られた一日でした。

女神山スペシャルリトリート

人生には、その後の人生に影響を与える「岐路となる年」がありますが、この1年はそのような年になりそうな予感がしています。この1年、その流れに身を委ねていこうと思います。画像は、1日に撮影した女神山ライフセンター内で毎日宿泊棟から歩いている小径です。

女神山スペシャルリトリート

女神山ライフセンターを14時過ぎに出発をして東京まで運転してきましたが、明日まで休みなのに上信越道、関越自動車道とも渋滞があり、東京まで4時間半もかかってしまいました。かなりの睡眠不足にもかかわらず、運転中に睡魔に襲われなかったのは、ハートが満たされていたからでしょう。画像は、別所温泉で見かけた紅葉です。

関連記事

Facebook Like Box

ページ上部へ戻る