BIPS 3期プレトレーニングで気づいたこと

今朝、意味深い夢を観ました。自分が座っている足元に、次々とヘビが現れる夢です。最初が細くて白いヘビ、次に太くて長い青いヘビ(アナコンダのよう)、そして最後がマムシです。マムシが出てきた時に、咬まれないように跳び上がった途端、夢から覚めました。それが午前3時30分。そこから眠れなくなりました。

昨日の夕方、プレトレーニングで参加者が奇数になったため、ペアワークに私も入りました。一人10分ほどの優しいワークだったのですが、貴重な体験をしました。それは、身体、もしくは自分のエッセンスが、深い呼吸とクンバカ(プラーナヤーマの息止め)をしたがっているという体感でした。「息を止めよう」と頭で考えるのでもなく、意志の力を使うでもなく、身体自ずからがそうするのです。頭では「プラーナヤーマの実践をしなければ」と、よく思いますが、そう思わなくても身体の声に従えば、自然と実践に繋がることが実感できたのです。そのことから自分にとってプラーナヤーマがとても重要であることが分かりました。

その晩に3匹のヘビの夢を観たので、その思いがさらに確信に繋がりました。

ボディサイコセラピーでプラーナヤーマの良さに気づき、プラーナヤーマでボディサイコセラピーの良さに気づくことが多くなってきています。自分のなかで、西洋と東洋が徐々に近づいてきた感覚があり、嬉しいです。

Cloverさんは、バイオダイナミックス心理療法のトレーナーですが、バイオダイナミックスでは、身体のなかでのエネルギーの流れをとても重要視します。そのような導きがあったからこそ、今回、実感できたのかもしれません。Cloverさんに感謝です。

関連記事

Facebook Like Box

ページ上部へ戻る