日本産業カウンセラー協会 東京支部 講演

日本産業カウンセラー協会東京支部

11月10日は、日本産業カウンセラー協会東京支部で講演をさせて頂きました。通常、ボディサイコセラピーのワークショップやトレーニングでは、参加者はジャージのようなラフな服装で、畳にサークル状に座って貰います。ヘルスリズムスは椅子に座るにしても、同じようにサークル状。参加者は双方とも30名が限界。それが今回は会議室形式で、参加者は約70名。事前にプレゼン資料と3時間分のスクリプトを準備はしましたが、状況があまりにも普段と異なるため、何を何処まで行うかを模索しながらの3時間でした。アンケート結果は、無提出無回答の方を除き、「①期待以上17名/②期待通り38名/③期待以下3名」でした。

今回は、模索しながら行ったせいで、内容が拡散してすべてが中途半端になった感じが残り、自分のなかでは反省点が多かったにもかかわらず、思ったより評価を頂いたのでホッとしています。でも「本当はもっともっと伝えたいことがあるのに」という強い気持ちも同時にあります。担当の方と終了後お話をさせて頂き、これを機会に今後、いろいろな形式で講座を検討したいとのお話を戴きました。今回のことから学んで、少しずつ軌道修正しながら、産業カウンセラーの方々に、より良いものを提供していきたいと思いました。

関連記事

Facebook Like Box

ページ上部へ戻る