国立市介護予防教室交流会のご報告

国立市介護予防教室交流会昨日は、年1回行われている国立市介護予防教室の交流会でした。国立市では、産婦人科看護師と助産師を対象にした研修から始まり、家族介護者教室、介護予防教室と行ってきて10年が経ちました。国立市とここまで関わることになろうとは、最初に保健センターでの研修をした時には思いませんでしたが、地域に根ざして活動することの大切さを実感させて頂き、本当に有難い思いです。

9年続いている介護予防教室は、楽器と会場の規模でどうしても定員が決まってしまい、ここ数年は市報での告知後、申込日午前中で満席となる状況が続き、新規の方を優先しているため、継続参加を希望される方をお断りしてきました。継続してドラムを叩きたいという方々のご要望が市役所に多く入っていた背景もあり、来年度から自主グループの立ち上げに皆さんにご協力頂き、継続希望される方々に教室を提供できる方向になりそうです。8年前から自主グループ化を模索していましたが、楽器、会場、ファシリテーターが必要なことなどから敷居が高く、実現には至りませんでした。ですから自主グループの実現には感慨深い思いです。来年度の展開が楽しみです。

大学通りの桜並木交流会後、国立市の大学通りに桜の撮影に出かけました。まだ7分咲きですが、天気がよくいい花見ができました。国立市はいい街ですね。国立駅近くはお洒落なお店や自然志向のお店が多く、南武線沿線近くは谷保天満宮、ハケ下湧水、畑があり、昔ながらの良さが残っています。この両面のある国立市、気に入っています。

大学通りの桜並木桜の木の下に菜の花が咲いていました。田舎ではよく観る風景ですが、大学通り沿いの桜並木でも、このような風景に出会えるのは驚きです。

大学通りの桜並木桜はつぼみの時はピンクですが、花が咲くと限りなく白に近いピンク色になります。この微妙な色彩を写真にすることはなかなか難しい。写真を撮れば撮るほど、人間の目の素晴らしさを実感します。

大学通りの桜並木

関連記事

Facebook Like Box

ページ上部へ戻る