「ボディサイコセラピー講座 in 名古屋」のご報告

ボディサイコセラピー講座 in 名古屋4月17日に名古屋入りし、個人セッションを提供した後、夜にボディサイコセラピー講座のガイダンスレクチャーを行い、18日と19日はボディサイコセラピー講座、20日は個人セッションと、名古屋では充実した日々を過ごしてきました。

昨年末から「日本的霊性」に意識が向いていますが、特に先週は「霊性」に意識が向いた一週間でした。というのは、名古屋でのボディサイコセラピー講座のテーマが「霊性編」だったからです。からだと心をテーマにしたものとは異なり、最後の最後まで何を伝えるか、何を行うかが決まりませんでした。心理療法でクライアントさんと深く出会っていく過程において「人智を越えた活き」を体感することが多いことからこのテーマにしたのですが、私は「自力で霊性を顕現させることはできず、自分を手放した時に霊性(他力)がはたらく」と感じていますから、それを体験を通して理解して頂く講座というのは、自力では作れないジレンマに陥っていたのです。

しかし始める前には「理路整然と霊性についてまとめられたら、それは霊性ではない」というところに落ち着き、伝えたいことを大まかに決め、参加される皆さんの話を聴きながら、進めていくことにしました。また、霊性は「多様性を受容し、それぞれを尊重する」ことでもあると思っていますから、「これが唯一の霊性である」と断定し、他のものを否定してしまえばカルトになってしまう、という思いがあります。特に霊性というのは内的な道ですから、各々いろいろな捉え方をします。一人一人が違いを尊重して頂くことを大前提としました。

講座を終えてみて、霊性は「委ねること」「信頼すること」「受容すること」「身体に根づくこと」と関係が深いことが、あらためて実感できました。普段からそのようなことが大切なことは分かっていましたが、「霊性」というものを敢えてテーマに取り上げたことでより鮮明になった感じです。

大地に根づくことと肚を育むことの大切さを実感して頂き、できればその上にあるハートに向かおうと思っていましたが、丁寧に行ったこともあり2日間では限りがありました。このテーマは一度で終了ということはありません。何度も何度も行い、皆さんとともに霊性を深めていきたいと思っています。

次回の名古屋は、10月16日夜にガイダンスレクチャー、17日18日にボディサイコセラピー講座を行います。東京では来月、5月16日17日の土日にボディサイコセラピー講座を行う予定です。東京では「霊性」をテーマにするかどうかは分かりませんが、興味のある方は日程を仮押さえして頂けると嬉しいです。

最後に、今回ご参加頂いた皆さん、主催者(株)ユナイトの成田有子さん、会場の手配や場作りをしてくださったEPONAのEikoさん、本当にありがとうございました。皆さんと名古屋で、再会することを楽しみにしています。

関連記事

Facebook Like Box

ページ上部へ戻る