Christiane Lewin女史の来日

Christiane LewinGlenとLoireがニューヨークに帰られた後、今度は南フランス、モンペリエからバイオダイナミックス学派のスクールの代表として長年活躍しているChristiane Lewin女史が来日し、10月28日から11月6日までBIPSによる3日間の公開ワークショップと5日間のセラピスト養成コースを行いました。

公開ワークショップは昨年に引き続き「チャントセラピー」を行いました。ワークショップ初日からよく声を出しましたが、説明をしないでワークをしても、ワーク中の皆さんの身体の反応やシェアから、胎児期を含む幼少期の記憶が浮上したり、その頃の感覚を味わっていることが分かりました。「チャントセラピー」という言葉から、チャンティングを思い浮かべる人が多いと思いますが、皆さんの体験から 「声に特化したボディサイコセラピー」だということがよく分かります。

セラピスト養成コースでは、昨年学んだバイオダイナミックスの基本的なマッサージの復習から始まり、さらに新たな技法を学びました。今回、バイオダイナミックス学派のアプローチの「防衛の下を通り抜けてコアに達する」ということがさらによく理解できました。さらにバイオダイナミックス学派のアプローチの学びを深めたいという思いを強めました。

関連記事

Facebook Like Box

ページ上部へ戻る