小島千絵子さんとのリハーサル

小島千絵子さんとのリハーサル 一昨日の夜、越後奥寂庵で鼓童名誉団員の小島千絵子さんと、11月19日に横浜の大倉山記念館で行われる「和洋舞音」のなかで、二人で行うパートの簡単なリハーサルを行いました。リハーサルにもかかわらず、千絵子さんが表現される世界に一緒に入り込んでいった感じでした。心が揺さぶられるほどの情感溢れる世界で、私だけではなく会場に居る全員が引き込まれることでしょう。ぜひ多くの方に体験して頂きたいと思いました。私は和太鼓奏者ではないですし、ライブでは即興演奏をすることが多いので、今回の「和洋舞音」はひと味違った舞台になると思います。主催者の谷崎ゆかりさんのピアノと歌も、なんとも言えない美しい世界を創り出します。どうぞ、お楽しみに! 詳細は以下のリンク先を参照ください。

また、まだ日程を決めていませんが、来年早々に千絵子さんと越後奥寂庵で3日間に渡る「和の舞 ワークショップ」を行う予定です。伝統芸能の世界と内奥の世界に、一緒に入り込み、そこから表現をしていきましょう。詳細が決まり次第、告知します。

昨日は、子ども達の指導のために、千絵子さん、縄三四郎さんとともに地元の大島小学校を訪れました。子ども達と会うのは夏の飯田邸公演以来でしたが、なんと子ども達が踊りだけではなく和太鼓と篠笛を演奏していて、驚きました。明後日の文化祭でどんな舞台を見せてくれることでしょう。

小島千絵子さんとのリハーサル指導の後は、子ども達と一緒に給食を戴きました。コロッケがいくつか余り、それを得ようとして賑やかにジャンケンをする場面を微笑ましく観ていました。その後、印象に残る出来事がありました。ジャンケンに勝った子どもが、負けた子ども達にコロッケをシェアしていたのです。本当に根が優しい子ども達です。小島千絵子さんとのリハーサル

最後に、リハーサルのために和太鼓を快く貸してくれた縄三四郎さんに感謝です。

★和洋舞音
http://rhythmtherapy.jp/201611_concert.pdf

関連記事

Facebook Like Box

ページ上部へ戻る