聖なる音への旅路のご報告

昨日は、3週間前に引き続き、大倉山記念館にてコンサートを行いました。今回のテーマは「聖なる音への旅路」です。どのような世界観を表現するかは、事前に共演者の一井優希さんと話をしましたが、リハーサルは当日を迎えるまで一切行いませんでした。1年前に越後奥寂庵で即興演奏をして以来にもかかわらず、本番前のリハーサルで少し音合わせをしただけで、共鳴していい感覚を得ることができました。

本番、優希さんと共鳴しながら音を奏でていき、お客さんとともに意識が広がっていく時間を共有できて、演奏者冥利に尽きました。テーマ通りの音を提供できたと感じられたことが何より嬉しく、喜びに浸っています。そして今回、優希さんの素晴らしい才能を再認識できたのも嬉しいことでした。テーマは変えていくとは思いますが、来年も引き続き、優希さんとのコラボを行いますので、楽しみにしていてください。

関連記事

Facebook Like Box

ページ上部へ戻る