春分祭のご報告

昨日、一井優希さんとワークショップ&コンサート「春分祭」を行いました。あいにくの雨でしたが、雨音のなかに音楽が溶け込み、気持ちの良い時間を過ごしました。

参加者の皆さんにコンサートで深く入って頂くために、ワークショップでは心身を緩め、五感を開いて頂きました。それは参加者だけではなく私にとっても気持ちの良い時間となり、心地のよい状態で音に集中して演奏することができました。最後の方はあまりに深く入っていたので、コンサートの最後で皆さんにこの場に戻ってきて貰うためにティンシャを鳴らすことになっていたのにすっかり忘れ、それに気づいた優希さんが鳴らした音叉の音で戻ってきたほどでした。普段は深くに入っても覚めている自分は居るものですが、今回は役割を忘れるほど、深くに入ってしまいました。反省しながらも嬉しいことでした。

参加された皆さん、ありがとうございました。また内面への旅をご一緒しましょう。

関連記事

Facebook Like Box

ページ上部へ戻る