平和の樹を育む

アジア学院 – アジア農村指導者養成専門学校」のTakashiさん、Junさんとの二度目の再会を先日果たしました。今回は、これから一緒に活動をしていくために、私の活動を体験してみたいということで、早朝に那須塩原市を出て、国立市にて私が行っている介護予防教室とヘルスリズムスの自主グループ「叩いて健康」に参加してくださったのです。そしてもうおひと方、写真に写っている女性は、年齢は違えども20歳からの座右の書が私と一緒で、その本から授かった志を持ちながら生きているというのも一緒ということで意気投合し、ご自身の活動が忙しいにもかかわらず、今年度から私の活動をサポートしてくださっている女優であり音楽家でもあるJunkoさんです。特にアジア学院とコラボをするには「志」がとても大切になりますから、ぶれずに言行が一致しているJunkoさんに声を掛けさせて頂きました。本当、頼もしい方です。

7月には、今度は私たちがアジア学院を訪れます。同じ志を持つ者がアジア学院に集まり、それぞれの持ち味を活かして、どのような花が咲き、実をつけることでしょう。話し合う毎にプログラムのアイディアが具体的になっていくので、楽しみです。

関連記事

Facebook Like Box

ページ上部へ戻る