国連でのNGO会議情報

久しぶりに世界心理療法協議会のサイトを観ましたら、国連 経済社会理事会(ECOSOC)で2019年に開催されるNGO会議への参加についての情報がアップされていました。世界心理療法協議会は国連NGOですから当然、諮問資格があり、正会員は経済社会理事会における会議に参加することができるのです。ただし今回は、参加申請の期限が6月1日でしたので後の祭りです。

今回、アジア学院で途上国のリーダー達と話す機会があり、国や地域に特化した特異な問題があると同時に、先進諸国と途上国、双方に生じている共通の「近代社会の弊害」があることも実感しました。それは政治、経済などのシステムの問題でもありますが、そのような問題を支えているのは、人々の凝り固まったマインドセットのように思ったのです。

今回、面と向かって対話をし、気持ちを含めて分かち合うことが如何に大切か、ということを改めて感じました。分かち合うことによって、より深いものが話されますから。その場における共感、共鳴によって人は影響を受け、本当に理解することができると思うのです。ですから、もっともっと生の話を聞きたいと思っていたところに、NGO会議のことを知り、大変興味を持ちました。来年の会議への参加申請は、残念ながら締め切られましたが、将来、NGO会議に参加できるよう、英語をしっかり身につけたいと思います。

http://csonet.org/index.php?page=view&nr=377&type=230&menu=14

※写真は、アジア学院でのMorning Gatheringの模様です。

関連記事

Facebook Like Box

ページ上部へ戻る