このブログについて

プロフィール画像Inner Silence Blogにようこそいらっしゃいました。このブログは、贄川治樹の活動全般に関するブログで、「リズムセラピー研究所」、「越後奥寂庵」、「BIPS」からのお知らせとともに、贄川治樹の日記(森の生活)、写真(ギャラリー)などを紹介するために、2012年10月から開始したものです。

それ以前は、「リズムセラピー研究所 最新情報」「越後奥寂庵だより」「森の生活」と、3つのブログに分けていましたが、複雑さを避けるために1つのブログに集約しました。以前の3つのブログは更新しませんが、過去に投稿した画像や文章には思い入れがあるために、そのまま残しました。特に「森の生活」は、2007年1月から5年間綴り続けましたから、私自身にとって大切なものとなっています。ご興味のある方はアクセスして頂けると嬉しいです。

このブログには越後の風景も掲載していますが、2012年10月以前のフィルムカメラにて撮影した画像を含め、越後の風景を別途「Echigo Photo Gallery(越後写真集)」というフォトブログに収めましたので、そちらもぜひ、ご覧ください。

メニューバーにあります「トランゼンスワークス(Transience Works)」は、近い将来、写真撮影に関する投稿をしていく予定です。ご期待ください。

今後とも、よろしくお願いいたします。

なお、このブログの撮影機材は、2014年10月現在では以下になります。

通常の撮影用
Nikon D800
Nikon D4s(2014年10月以降)
Nikkor 24mm – 70mm F2.8
Nikkor 70mm – 200mm F2.8
Tamron SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD

旅行/出張用
Fujifilm X-E2
Fujinon XF 18-55mm F2.8-4R LM OIS

2014年10月1日

贄川治樹

*    *    *    *    *    *    *

贄川治樹(にえかわはるき)プロフィール

リズムセラピー研究所 所長
越後奥寂庵 庵主
EABP(European Association for Body Psychotherapy) 認定トレーナー
EABP認定校BIPS ディレクター&国内トレーナー
バイオシンセシス 認定ボディサイコセラピスト
シン・インテグレーション 上級施術者
セロトニン道場 師範
NPO法人 場の研究所 研究員
日本文理学院高等部 講師
ヘルスリズムス 認定ファシリテーター
ヤマハ株式会社音楽と健康プロジェクト 元アドバイザー

1992年マーク・カフェル博士に師事し、1年間南アルプス山間集落でボディワークの研鑽を積み、1993年から現在まで、延べ2万人以上の方に深部組織ボディワークを行う。1993年より5年間のバイオシンセシストレーニングに参加し、1998年に資格を得る。その後、インナーサイレンスという名前でボディサイコセラピーの個人セッションを行うとともに、ワークショップを主催する。2006年よりBIPS国内トレーナーとして、セラピスト養成を行い、同時期にボディサイコセラピーに音楽を取り入れたリズムセラピー研究所を設立。2008年には、親鸞聖人、良寛さま、上杉謙信、白隠禅師、日蓮聖人を輩出した日本的霊性の故郷である越後の地に越後奥寂庵をつくり、日本的霊性を体得することに励む。その過程で、過疎化、高齢化の進む地元の声を聴き、多少なりとも力になりたいという想いから地域活性にも力を注ぐ。

詳細は、リズムセラピー研究所サイト内の所長略歴をご覧ください。

Facebook Like Box

ページ上部へ戻る