「越後奥寂庵(Inner Silence Hermitage)」は、豪雪にも耐える雪国独特の「せがい造り」で建てられた築100年の古民家を、後生に残るように一度解体して基礎から建て直した再生古民家です。現代では入手不可能な太い欅(けやき)が、柱や梁にふんだんに使われています。温かな木材によって頑強に組まれた越後の古民家は、あたかも日本の良き父と母の質を併せ持っているようです。

築100年の古民家というイメージから、衛生面で心配される方もいらっしゃるでしょう。越後奥寂庵は再生された古民家ですから、昔の良さを活かしつつも、現代の良さも取り入れています。3箇所にある水洗トイレはすべてウォシュレットですし、屋内の木材を保護のための塗料は厳しいドイツの規格に通った無公害塗料「オスモカラー」を使用しています。壁はクロス張りや新建材を一切使用せず、身体に優しい昔ながらの漆喰を用いています。また、1階の床下には大量の炭を敷き詰めてありますので、エネルギー的にもいい空間に保たれています。ですから越後奥寂庵滞在中は、安心して快適に過ごすことができます。

この地に滞在していると、人里離れた聖地で感じられる清浄さとは異なる「土着的な大地の力強さ」と「包み込まれるような母性的な温かさ」に、身も心も圧倒されます。実際、この地は、雪解け水によってもたらされる豊饒の大地であり、そこに暮らす人々に、優しさ、温かさ、懐の深さという恵みを与えています。それは、この地に身を置いてみないとわかりません。数百年、もしくは数千年の歳月をかけて育まれた大地性に内奥が否応なく共振することを、越後奥寂庵にいらしてぜひ感じてみてください。

この地には、「ゆったり、のんびり、芯から気持ちがいい」という意味の「じょんのび」という方言があります。都会の喧噪やストレスを忘れ、「じょんのび」して深くくつろぎ、自分のリズムを取り戻し、内奥に目覚め、自己を深めていきましょう。

どうぞ、心の故郷にいらしてください。

こころよりお待ちしています。

庵主 贄川治樹
「越後奥寂庵」に辿り着いた経緯をお話ししましょう。

1993年に、新宿、渋谷から近い明大前駅から徒歩3分のマンションに、セッションルームを開設しました。この場所を選んだのは、来られる方にとって便利であり、夜も安全に駅まで戻ることができること、そして身体を動かしたり声や音を出しても近所迷惑にならないことからでした。その意味では気に入っている場所でした。2011年の東日本大震災後、私で役に立つことがあれば行動に移そうと思い、少人数の講座ができるように東京オフィスを隣りの永福町駅に移転させ、東京オフィスでの活動範囲を増やして現在に至ります。

現在は「リズムセラピー研究所」という名称ですが、2006年までは「インナーサイレンス」という名称で、長い間、セッションを提供してまいりました。

もともと私が自然好きということもあるかもしれませんが、1992年に、信州の山奥にある過疎村で、1年間のボディワークの合宿トレーニングに参加して、自然の静けさのなかで心身がゆるむ素晴らしさを体験しました。その後、5年間のボディサイコセラピーのトレーニングに参加している時には、生命エネルギー(氣)でお腹が満たされ、静寂さと平安を味わう体験をしました。そのような私自身の体験から、「波一つ立たない湖面のような静寂さ」「空っぽなのに満ちている感じ」「深いくつろぎと平安」を味わえ、かつ維持できるようなワークを提供したい、という気持ちから「インナーサイレンス(内面の静寂)」という名称にしていたのです。

2006年からは、音楽とリズムの要素を心理療法に取り入れ、より社会に貢献していくために「リズムセラピー研究所」という名称に変更しましたが、私のなかでは「インナーサイレンス」を大切にする気持ちは、以前と変わりありません。

「インナーサイレンス」は、都会の喧噪やストレスのなかでも、感じられるようになるのが理想です。しかし、内側に根づくようになるまでには、環境も大切です。宗派を問わず、内面に意識を向けるための寺院や修道院は、日常の場から隔てられていることからも分かります。

この15年間、明大前でのセッションを続けながら、「インナーサイレンス」を味わうための理想的な環境を、自分の魂が震えるかどうかを道しるべに、利便性や経済性は考えずに、妥協することなく探し続けました。

そして、ようやく2007年に私にとって理想的な環境にたどり着き、2008年に手に入れることができました。「インナーサイレンス」を漢字にして、「越後奥寂庵(Inner Silence Hermitage)」と名付けました。
信州の過疎村での住まいが、築200年の古民家だったこともありますが、今まで学んできた海外の理論と技法を日本のものとして統合し、日本の霊性を味わうためには、なるべく西洋化や観光地化がされていない、日本人にとっての原風景と古民家が適切だと思い、探し回りました。特に信州では様々な山間の村に赴きました。信州はアルプスを望む、素晴らしい地域ではありますが、場所は素晴らしくても良い古民家がなかったり、古民家は素晴らしいのに場所のエネルギーが相応しくなかったりと、残念ながら良い出合いがありませんでした。

いろいろな古民家を観ているうちに、古民家は、日本人の自我構造と霊性を現しているものだということがより分かり始めました。縁側、土間、上がり框、大黒柱、敷居、襖、障子、間、囲炉裏、上座敷、奥座敷、床の間、離れなどから、日本人の本質が浮かび上がってきます。古民家のなかでも、とりわけ越後の古民家は、豪雪に耐えうるように柱や梁には太い木が使われ、天井が高く、とても素晴らしいものでした。そのような越後の古民家に、徐々に惹かれるようになりました。

越後には日本人の霊性に深く影響を与えている偉人達が住んでいたことも、越後を選んだ大きな理由です。直江津には浄土真宗の親鸞上人、飯山には臨済宗の白隠禅師、佐渡には日蓮宗の日蓮聖人、出雲崎には曹洞宗の良寛さま、そして同じく直江津には真言宗の僧侶でもあった聖将上杉謙信公が居ました。彼らには「既成の組織や規則に捕われず、自分の内奥に従って生き、この地で自己を深めた」という共通点があります。そのような「自己」であることを受容してくれる「大地性」がこの地にはあるのです。

この「大地性」は、縄文時代から受け継がれたものかもしれません。事実、この地では縄文土器が多く出土されています。

縄文文化は、日本人の霊性を感じるためには、なくてはならないものです。なぜなら縄文時代は、弥生時代から現代までの期間に比べ、約100倍もの時を経てきたのですから、現代に生きている私たちの生体に影響がない訳がありません。

越後の「大地性」については、仏教学者の鈴木大拙氏が「日本的霊性」のなかで述べていますし、縄文文化の影響については、哲学者の梅原猛氏が「日本の霊性ー越後・佐渡を歩く」のなかで述べていますので、興味のある方は、本をお読みください。
越後奥寂庵の全景です。山と田んぼに囲まれ、写真からは見えませんが、敷地の境界線には沢が流れていますので、屋内に居てもせせらぎが聞こえます。
越後奥寂庵を裏から見たところです。越後奥寂庵がある大島区牛ヶ鼻集落は、全体で10軒ほどの小さな集落で、しかも密集していないため、居心地の良い空間となっています。
越後奥寂庵の遠景です。撮影した季節は夏の終わりです。稲穂が少しずつ黄色になっています。
沢に降りて夕暮れ時を撮影しました。
越後奥寂庵の玄関から撮影しました。奥に囲炉裏の間があり、左手にトイレがあります。右手前には座敷、奥座敷があり、右手奥にはプライベートスペースの板の間と奥の部屋、そしてトイレとお風呂があります。
囲炉裏の間です。ここだけは吹き抜けになっていますので、天井がとても高く、解放感があります。奥はキッチンです。
座敷、奥座敷を観たところです。
手前の座敷です。帯戸、大黒柱、差し鴨居が見事です。
奥座敷です。家のなかで一番神聖な空間となります。そのために床の間があります。
二階の全景です。もともとは物置となっていましたが、再生した際にこのようなスペースにしました。
左側にはデッキがあります。夏の夜、せせらぎの音を聴きながら瞑想をしたり、歓談するにはもってこいの空間です。
二階の奥の座敷です。ここは天井が作られ、部屋としても区切られています。
二階の座敷です。開放的な空間で、照明は調光式なので、瞑想するには適している空間となります。
一階からの階段がある場所です。左側にはトイレ、洗面台、お風呂があります。
二階の洗面台です。この向かいにトイレがあります。
二階の小屋組みを見上げたところです。古民家ではこのような剥き出しの小屋組みに魅力を感じます。