About

Welcome to my photo gallery!

I made this gallery to introduce Inner Silence Hermitage and places of great beauty in Echigo region. This house was rebuilt Japanese old traditional house that was built one hundred years ago in Niigata prefecture. Japanese Spirituality Daisetz Suzuki mentioned still survives in this region “Echigo” we call. The Institute for Rhythm Therapy offers retreat programs in this house to feel Japanese Spirituality and to recover their own inner rhythms.

I am a body-psychotherapist and a National Trainer of Bio Integral Psychotherapy School that is certificated by EABP (European Association for Body Psychotherapy), a bodyworker to focus on Deep Tissue and a facilitator of Rhythm Therapy and Health Rhythms with group drumming. I am trying to integrate these methods and theories from western to eastern traditional culture and Japanese Spirituality.If you are interested in our activities and you think about visiting Echigo in Japan after seeing this photo gallery, I am very glad.

I have been using Nikon D800 and Nikkor Lens “24mm-70mm F2.8″”70mm-200mm F2.8” since October 2012, also using Nikon D4s since 2014. I had used Contax RX and Carl Zeiss Lens “Distagon 28mm F2.8″”Planar 50mm F1.4″”Makro Planar 100mm F2.8” before using a Digital Camera.

If you are interested in our activities and want to contact us,please leave your message on the contact page?

Owner and Director
Haruki Niyekawa

 

「越後写真集」にお越し頂き、ありがとうございます。この写真集は、越後奥寂庵と越後の素晴らしい風景をご紹介したいと思い、作りました。この写真集を気に入って頂けると嬉しいです。越後奥寂庵は、新潟県上越市にあります、築100年の古民家を立て直した再生古民家です。

鈴木大拙氏が言及した「日本的霊性」が、この越後の地にはいまだに根づいています。リズムセラピー研究所が、越後奥寂庵で主催するリトリートプログラムは、この日本的霊性を感じ、自分自身の内なるリズムを回復するために行っています。

私は、ボディサイコセラピー(身体心理療法)のセラピストですが、同時に、EABP(ヨーロッパ・ボディサイコセラピー協会)に認定された心理療法家になるためのトレーニング校「BIPS(Bio Integral Psychotherapy School)」の国内トレーナーとしても活動しています。また、深部組織に働きかけるボディワークの施術者でもあり、グループドラミングを取り入れたリズムセラピーやヘルスリズムスを行うファシリテーターでもあります。私は、このような理論と技法を西洋の先生から学びましたが、それをそのまま提供するのではなく、東洋の伝統文化、そして日本的霊性に統合して提供する必要があると感じ、自分の内面で統合し、このようなことに興味のある方にリトリートプログラムを提供するために、なるべく西洋化が進んでいない地域に越後奥寂庵を作りました。この写真集を観て、越後の地を訪れてみたいと思ってくださるなら、それは私にとって何より嬉しいことです。

なお、この写真集の撮影機材は以下になります。2012年10月よりデジタルカメラを使用していますが、それ以前はすべて、フィルムカメラを使用して撮影しています。

フィルムカメラ CONTAX RX
Carl Zeiss Distagon 28mm F2.8
Carl Zeiss Planar 50mm F1.4
Carl Zeiss Makro Planar 100mm F2.8

デジタルカメラ Nikon D800、Nikon D4s
Nikkor 24mm – 70mm F2.8
Nikkor 70mm – 200mm F2.8
Tamron SP 90mm F2.8 Di Macro 1 :1 VC USD

 

越後奥寂庵での活動に興味のある方で、質問などある方は、お問い合わせページ(Contact)からメッセージをお送りください。

詳しくは、越後奥寂庵とリズムセラピー研究所のサイトをご参照ください。

越後奥寂庵 公式サイト

リズムセラピー研究所 公式サイト

ありがとうございました。

庵主 贄川 治樹(にえかわ はるき)