グレン・ベレズ&ロワールのワークショップ&コンサート

グレン・ベレズ&ロワールによるワークショップとコンサート

10月12日、日比谷コンベンションホールにて、フレームドラムの巨匠、グレン・ベレズとリズム・ヴォーカリストのロワールによる「リズム・ヴォイス ワークショップ 〜あなたのリズム、あなたの生き方〜」(主催:Sounding Joy JAPAN)が開催されました。

グレン・ベレズ&ロワールによるワークショップ

グレン・ベレズ&ロワールによるワークショップ

グラミー賞を4回受賞したグレン・ベレズ、素晴らしかったです。これほどまでにハートを開かせてくれる太鼓の音に出会ったのは、初めてかもしれません。「どうだ、俺は凄いだろう」という押しの強さは全くなく、自然に流れるようなリズムで心が内側に向かいました。ロワールの透き通る歌声とタイム感も素晴らしかったです。技術に裏付けされた、内側から溢れる即興性・・・。鳥肌が立ちました。

グレン・ベレズ&ロワールによるワークショップとコンサート

本当に凄い人というのは、飾らず自然なんですね。この写真からも二人の人間性が伝わると思います。

グレン・ベレズ&ロワールによるワークショップ

今日は幸せな日でした。ロワールとは以前からメールのやり取りをしていますが、直接会うのは今日が初めてでした。会うまで少し緊張しましたが、近づいてアイコンタクトをして、お互いが「Hello, my friend」と言って微笑み・・・それだけで深く分かり合える感覚でした。メールのやり取りが始まった時のことを話していたら、ロワールは「最初のメールでピンときたの。同じ魂の仲間だって」と。嬉しい気持ちとともに、「そうそう、そうなんだよね」と思わず深く相づちを打っていました。

メールだけで、しかも不得手な英語なのに、伝わるものは伝わるものです。数年前、Christineと「英語が不得手だから伝えよう、聴こう、ということにかなり意識を向ける。それがいいんだよね」と話し合ったことを思い出しました。また一人、魂の仲間が出来ました。

今回彼らを日本に招いてくださった音楽療法士の団体「Sounding Joy JAPAN」の理事長&事務局長とも夕食をご一緒させて頂きましたが、別れ際、「今日初めて出会ったとは思えないね」と言い合いました。

損得勘定抜きで、ご縁ができるって本当に幸せなことです。

関連記事

Facebook Like Box

ページ上部へ戻る