場の研究所での再会

場の研究所での再会

今日は「場の研究所」の会合、定例勉強会と、充実した時間を過ごしました。清水先生は「場の思想」を血肉化されているので、その場に応じた生きた言葉をポンポンと発せられます。そのような場にご一緒できる喜びを、今日もひしひしと感じてきました。

一緒に写っているのは、「大地の芸術祭」を越後妻有で主催しているNPO法人「越後妻有里山協働機構」事務局長の関口さんです。彼が居なければ「大地の芸術祭」は成り立たないほどの重要人物です。来年、場の研究所は、これまで以上に関口さんと共創していくことになりそうで、場の研究所研究員としてはもちろんのこと、越後奥寂庵を持つ身としては、個人的にも嬉しいことです。展開が楽しみです。

関連記事

Facebook Like Box

ページ上部へ戻る