アート・カフェ・フレンズでのライブ

アート・カフェ・フレンズでのライブ

昨夜は、恵比寿にあるアート・カフェ・フレンズで、河上素子さん(ピアノ)と所素子さん(ヴァイオリン)とのライブでした。上品で素敵なスペースで、気持ちよく演奏することができました。

ライブ後、来てくれたコーチング関係で音楽好きな友人達と話をしていて、以下のような感想を言われました。「一曲ごと、全く違うジャンルの音楽で演奏は大変でしょう。でもジャンルがないという珍しいライブで、とてもよかったです」と。それは、作曲、アレンジを担当した河上素子さんが目指していることだったので、その意図が伝わったようで、嬉しかったです。

アート・カフェ・フレンズでのライブ

どのような音楽を演奏するかによりますが、このユニットでは目を閉じての演奏が、全体の90%以上。ということは、ステージ上ではほぼ目を閉じていることになります。

ボディワークを提供する際、目を閉じて感覚を研ぎ澄ますことを長年しているので、どうしても目を閉じて意識を集中する癖がついてしまっています。瞑想的な演奏は気持ちのいいものです。でも、決してお客さんを忘れているわけではありませんので、ご了承ください。

アート・カフェ・フレンズでのライブ

お越し頂きました皆さま、本当にありがとうございました。

関連記事

Facebook Like Box

ページ上部へ戻る