自然との対話

自然との対話昨日、耕耘機と刈払機の部品を取扱店まで取りに行き、ホームセンターで農作業用品を買って帰ると、Chrsitineは居ませんでした。何処かに散歩に 出かけているのだろうと思い、耕耘機と刈払機のメインテナンスをしていたところ、Chrsitineから「裏道で大きな動物に出会っている」とメールがあり、 慌てて軽トラで駆けつけました。すでに動物は居なくなっていましたが、話を聴くとどうやらカモシカに遭遇したようでした。最初、カモシカは高いところからChrsitineを見下ろし、その後、Chrsitineが奥寂庵に戻ろうと歩いている道の真ん中に、どんと立ちはだかったそうです。

以前、私も同じ場所でカモシカに遭遇したことがありますが、カモシカは普通の鹿と比べて野性的で何とも凄い存在感なのです。何処か、この森の「ぬし」のような、神がかった存在なのです。ですから、他の土地から来たChrsitineを、この大地の「ぬし」が確認するために見下ろし、そして目の前に立ちはだかってこの土地に居ることを許したような気がしました。Chrsitineもそのように感じていました。

自然のなかに居るといろいろなスピリットを感じ、人間も動物も植物も対等だという感じが強まります。それどころか、ネイティブアメリカンが思っているように、動物が一番賢く、二番目が植物、三番目が人間なのかも知れません。

画像は、Chrsitineがカモシカに遭遇した場所から観た景色です。

自然との対話夕方、ブナ林を散策しました。夕方のブナ林は人気がなく、静寂のなか、いろいろな種類の鳥のさえずりが響き渡っていました。自然なリバーブは素晴らしいです。

関連記事

Facebook Like Box

ページ上部へ戻る