講話と瞑想のご案内

10月28日から30日まで越後奥寂庵にて、ヴェーダンタ哲学のマスター、インド人僧侶であるスワミジ(Swami Anubhavananda)が講話と瞑想をリードします。

スワミジは、最も難解な哲学と言われるヴェーダンタ哲学を、人々のハートに触れながら、ウィットに富んだ分かりやすい言葉で伝えていきます。何よりスワミジの根本的在り方は「愛と喜び」であり、「生来の喜びを施すこと」がスワミジが行いたいことなのです。スワミジ自身、「幸福の体験」そのものです。

4年前にも奥寂庵にて、スワミジによる瞑想リトリートが行われましたが、その時の瞑想体験は素晴らしいものでした。越後奥寂庵(Inner Silence Hermitage)という自然に囲まれ、沢のせせらぎ、鳥の声、虫の音に包まれる静寂を味わう場で、スワミジの「愛と喜び」に同調する瞑想体験をしてみませんか? ヨガの実践者であり医師でもある齊藤素子さんが通訳を含めてバックアップしてくださいますし、私も瞑想的なドラミングをリードさせて頂きます。

詳細はこれから決めていきますが、興味のある方はまずは日程だけ確保して頂けたら嬉しいです。なお、27日夜に講話のみを一般向けに行うかも知れません。

関連記事

Facebook Like Box

ページ上部へ戻る