ペルセウス座流星群

昨夜、月が山に隠れる2時30分に起き、奥寂庵の玄関先で仰向けになって1時間星空を眺めていました。というのは、ペルセウス座流星群がピークを迎えていたからです。1時間夜空を眺めていて、20個以上の鮮明な流れ星を観ることが出来ました。

日中は暑くとも夜は半袖だと涼しいくらいです。爽やかな気温のなか、虫の音と沢のせせらぎの音を聞きながら、満天の夜空を仰向けで観る幸せをひしひしと感じました。

写真の左側から天の河に向かっていく流れ星が移っているのが確認できます。肉眼ではかなりの明るさなのですが、瞬間の輝きのため、バルブ撮影では微かな光の線としてしか写りません。流れ星を待っていて通常の星空撮影より露光時間が長くなり、星が流れてしまいました。

星空撮影をするたびに、明るい単焦点広角レンズが欲しくなります。

関連記事

Facebook Like Box

ページ上部へ戻る