BIPS4期 3日間の合宿トレーニングのご報告

3日間の合宿トレーニングが終わりました。BIPS 4期が始まったのが今年6月上旬ですから、開始してから5ヶ月、4回目のトレーニングでした。4回で計15日しかお互い会っていない訳ですが、日常での出会い方とは異なるため、関係性における信頼が随分と深まり、皆さん、安心して内面に向き合い、各自が自分を大切にしてシェアをしていました。

今回のトレーニングでは、はじめてタッチの要素を学んで頂きました。その際にお伝えしたことがあります。私たちは、どうしても触れている時ばかりに意識を向けがちですが、特に心理療法という枠組みで身体に触れる場合、相手に触れている間だけではなく、手を離す時、手が離れている間、そしてまた触れていく時と、全ての段階に同程度の意識を集中する必要があるのです。それは、カウンセリングにおいて、発せられる言葉の行間や沈黙に意識を向けることとも似ていますし、トレーニングとトレーニングの間の日常生活に、トレーニング期間同様に意識を向けることとも似ています。人との出会いによって生じること、人と離れて1人になることで生じること、その両極の状態を知ることによって、目の前の人をより理解することができるのです。

4期の追加募集について、近日中に詳細をお知らせしますので、関心のある方は時々、BIPSの公式サイトにアクセスしてください。

関連記事

Facebook Like Box

ページ上部へ戻る