自分との出会い

今年に入って時間が出来ると、ひたすら過去のものを捨てています。今日も時間が出来たので断捨離をしていましたが、高校2年時の学校のアルバムに挟んであった数枚のいたずら書きを発見。歌っている男性の横顔はボールペン、野鳥は万年筆、ギターは鉛筆で描かれてありました。42年前に描いたものがよく残っていたものです。

小学校のクラブ活動は絵画部、小学校の卒業アルバムに記載されている「将来の夢」はカメラマン。中学の時はアルバム編集委員になり、クラスのみんなのスナップ写真を撮り、それがアルバムに掲載されましたが、今観てもいい表情をとらえています。写真撮影は今でも好きですし、楽器の演奏は幼稚園から今まで続けていますが、絵を描くのが好きだったことは、すっかり意識から外れていました。私は、写真、音楽、絵画など芸術方面が好きなんだと改めて思いました。

過去に執着するのではなく、自分の傾向や忘れていた趣味を再発見することで、改めて自分に出会う感覚があります。これからも断捨離、続けます。

関連記事

Facebook Like Box

ページ上部へ戻る